1. HOME
  2. 会社案内
  3. スポーツ振興

COMPANY

会社案内

スポーツ振興

SPORTS

スポーツ振興

昨今の野球環境は、公園内での野球禁止や少年期における怪我の問題など、様々な理由が重なって、競技者人口の減少が顕著化しています。

幼い頃から野球に親しんできた野球人にとっては、この環境が少しでも改善されることを願うばかりです。野球愛好家である当社代表も、そう考える一人です。

当社では、地域のスポーツ振興(特に野球)に、微力ながら参加しています。

バッティングパーク ピッチャーガエシ

札幌市西区西宮の沢にあるバッティングセンター『ピッチャーガエシ』です。

施設は完全屋内型となっており、2階にも室内練習場(通称:トンネル)が完備されています。北海道は屋外で練習できる期間が短いため、冬期間に練習場を確保したい人達で、ほぼ“満室”になります。

また、元日本ハムファイターズの村井英司さんによる「打撃指導」や管理栄養士の前田康江さんによる「栄養指導」、自分の打撃をその場で再生できる「バッティングフォーム撮影機」など、無料のコンテンツが盛りだくさんです。

札幌スタジアム

札幌市清田区真栄にある野球場。

元々は社会人野球のサンワード貿易野球部がホームグラウンドとして使用していました。

それを医療法人社団悠仁会 札幌羊ヶ丘病院整形外科の院長である岡村健司先生が個人で買い取り、一般社団法人札幌スタジアムが運営しています。

これにより、一般利用が可能になり、社会人野球の札幌支部予選、高校野球の練習試合、中学生の硬式野球大会、草野球チームなど、幅広い層にご利用頂いております。

また、室内練習場、ナイター設備も新築して、より多くのチームの方に少しでも長くプレーできる環境になりました。

BCS Baseball Performannce

元・阪神タイガーストレーニングコーチの前田健が運営する「投打の動作改善専門」の個人コーチング施設です。

前田健のミッション

野球が日本に伝わって100年以上もの間、ずっと整理されることがなかった『感覚的技術論』。これに取って代わるものとして、具体性のある『動作の仕組み に基づく技術論』を野球界に浸透させ、その『動作の仕組みに基づく技術指導』のあり方を野球界のスタンダードなものにすること、それが、私の使命です。

動作改善指導とは

野球の動作は身体がやることですから、関節の動きのルール、効率のよいエネルギーの生み出し方の法則があります。その上で、「ここがこうなれば必ずこのように動く」という原理原則に基づいて、正しい動作が自動的にできてしまう方法、行いやすくなる方法を教え、新たな動作を経験させるのです。そして、1度できたものが2度に、2度が3度になり、徐々に何度やっても同じようにできるレベルまで新しい感覚を定着させ、それを、段階的に全体的な動作にまでつなげていきます。それが『動作改善指導』の基本的な手順であり、いわゆる『ドリル』と呼ばれるものです。