1. HOME
  2. 事業案内
  3. JPRS指定事業者
  4. JPRSビジネスパートナーとして

JPRS指定事業者

JPRS Designation

JPRS指定事業者

JPRSビジネスパートナーとして

JPRS指定事業者とは、株式会社日本レジストリサービス(JPRS)が契約に基づき認定された「ドメイン名登録申請やDNS登録申請などの取り次ぎを行う事業者」のことです。

JPRSのビジネスパートナーとして弊社ができることは、申し込みを受けてドメイン名を登録申請すること、そのドメインのWHOIS情報やDNS情報を登録すること、またその更新作業を行うことです。ドメイン登録申請者とレジストリであるJPRSとの間に立ち円滑にJPドメインを管理します。

JPRS指定事業者一覧はこちら

ドメインの登録期間について

ドメインを登録すると、ホームページやメールアドレスに利用することができます。

JPRSの管理上、ドメインの利用期間は1年単位ですが、廃止手続きをしなければ自動更新されます。

中古ドメインの取り扱い

過去にWebサイトやメールアドレスに利用していたドメインが、登録の有効期限を過ぎても更新されない場合、有効期限日の翌日から一定期間(※)を過ぎると「登録者不在」のドメインになります。

廃止されたドメインは、一定期間(※)を過ぎると、第三者がその廃止ドメイン名を新たに登録できるようになります。このような廃止状態にあるドメインを、「中古ドメイン」あるいは「オールドドメイン」と呼ぶことがあります。

中古ドメイン(オールドドメイン)は、第三者が新たに登録したとしても、商標の侵害などドメイン名紛争処理方針(https://www.nic.ad.jp/ja/drp/)に該当する事由がない限り、第三者によるそのドメイン名の登録を差し止めることはできません。

(※)汎用ドメイン、および都道府県型JPドメインは1ヶ月

中古ドメインをご希望される場合

当社では、こうした状況にある廃止中のドメインを保有する場合があります。また、お客様が中古ドメイン(オールドドメイン)の保有を希望される場合、お譲りすることも可能です。

たとえば、

・ECサイトを作りたいので、過去にECサイトを運営していた中古ドメインが欲しい。

・金融関係のサイトを作りたいので、いくつかの中から選択したい。

・士業系の情報サイトを作りたいが、中古ドメインはありますか?

このようなお問合せを頂くことがあります。ご希望にかなう中古ドメインをすべてご用意できるとは限りませんが、できるだけご要望にお応えするように努めています。

なお、ご希望の際は、お問合せフォーム(リンク)からご連絡下さい。